世間知らずもいいところ

突然V6に落ちた女子大生の大きなひとり言

自担が結婚しました。

V6を好きになって1年ちょっと、まさか、もう、こんなことを体験してしまうなんて。

 

私の担当はV6長野博さんです。

好きになったのは2015年の10月ごろ、彼の優しいところと、びっくりするくらい美しいお顔立ちに心を奪われてから現在までほぼ毎日彼のことを考え、彼に癒され励まされてきました。

そんな自担の彼が、11月29日に結婚しました。

 

当日の流れ

11月29日9時、大学へ行く電車内でネットサーフィンするのが日課だった私は、この日もTwitterを覗いていました。完全に油断していた、当たり前だけど。

そこへ現れた「長野くん結婚」のトレンド。

衝撃。

えっ、まさか、えっ、長野くんが結婚??結婚??!結婚ってなんだ!?

人間って本当に固まるんだなって初めて知りました。開いた口が塞がらないってこういうことを言うんだなって。で、開いた口が塞がらないと唇がすごく乾くし、喉が痛くなるんだなって。冬だもんね、乾燥してるよね。

とにかくもの凄い衝撃で、心臓はバクバクしてるし、手も足も震えて抑えられなくて

体の反応に心が追いついてなくて、これは悲しいのか、嬉しいのか、どんな感情で私は震えているんだろう?ってわけわからなくなって

その日試験があったんですけど、しかも2つ。全然手がつけられなくて。位落ちた

何したってそのことしか考えられなくて。考えても考えてもこの感情はぐちゃぐちゃで。

Twitterでは飛び交う祝福の声、その中には共演者からメッセージも。

長野くんが色んな人に愛されてることが感じられ嬉しくも、煮え切らない感情。どうしても言えないあの言葉。

 

そんなもやもやした気持ちと共に、今日はとても大事な日なんじゃないか…と

結婚なんて人生においてすごい重要で、一般人ですらすごい悩んで決めるもので、まして彼はアイドルで、優しい彼はすごい悩んだろうし、それでも腹をくくった、その決心を表明した、もう後戻りが出来ない、11月29日というこの日。

見届けなければと強く思ったのです。

震える手足も、声も、きっと泣きたい気持ちもあった。それをグッと抑えて帰り道を急いだ。私を動かしていたのはこの気持ちだった。

 

帰ってからメニュー表も読んで、WSの録画を固めて、あとはベストアーティストを待つのみ。落ち着かなくて撮り溜めていたジョジョの奇妙な冒険を見たり、家の中をうろちょろしたりして。ベストアーティストが始まってからV6の出番まではもっと落ち着かなくて、待たされすぎて逆に長野くん見るのが怖くなって、V6の出番なんて来なきゃいいのに~!とか理不尽なことを思ったりもして。緊張して吐きそうだったし、また心臓と手足が震え始めるしでもう大変。

ジャニーズドラマメドレー始まったと思ったらいきなりごくせんで、ヒェ~~~~もうぶいしっくすなの~~~~~~~~ヒャ~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!って言ってたらもう終わりで、最後井ノ原くんが長野くん引き寄せてたのにめちゃくちゃ興奮して、でもちょっと傷ついて、本当に結婚したんだって思い知らされて。

また次のV6の出番まで長野くん見るの怖くて怖くて緊張して、だって今度こそトークパートで間違いなくその話するし、何を話すのか何が起こるのか怖くて、長野くんだから変なことにはならずちゃんとしたことを言うって分かってるけど怖くて怖すぎて

そんなんでグズグズしてたらあのカツオ

私このカツオにすごい救われて、すごい笑って、死ぬほど笑って、「私V6が好きだ~~~~~~!!!」って思ったんですよ。当たり前なんだけどね。朝から私長野くんのことばっか考えてたんです。彼がV6だということを忘れかけるくらい長野くんのことしか頭になかった。でも思い出したんです。私はV6が好きで、V5が大好きで大好きでたまらない長野くんが好きなんです。そんなV6がこんなに愛おしい。愛おしすぎる。

それで遂にV6の出番ですよ。いくらふざけてたとはいえ緊張している長野くん。固めの声で、でもちゃんと伝えようと言葉を紡ぐ長野くん。メンバーの祝福の声、それを受ける長野くんがめちゃくちゃかわいい。サプライズ登場のTOKIO関ジャニに1人ずつハイタッチする長野くんめちゃくちゃかわいい。そして披露曲はHONEY BEATとBeautiful World。私!私!HONEY BEATものすごく大好きなんです。この曲でV6を好きになったんです。大好きなこの曲をこんな時に聞けるなんて。めちゃくちゃ長野くん抜かれるし。私が大大大好きな笑顔で大大大好きな曲を歌う長野くんに心が幸せすぎてもういっぱいで。そんなこと言ってる暇もなくBeautiful World、間奏明けみんな集まってきて、ほら~今~君とならで長野くんを指差す井ノ原くんにごら~んくら~いを長野くんに向かって歌う坂本くんとちょっと戸惑いつつ嬉しそうな長野くん。幸せすぎる。

長野くんって、長野くんってあまり目立たなくて、自分から前に行くことはないし、こういった音楽番組でも後ろでにこにこしてるのが大体で。別にそこまで気にしてはいなかったんですけど、やっぱり自担がもっと注目されたらなぁ、もっとトークの話題に上がればなぁと思っていたんです。大好きで自慢の自担ですから。ベストアーティスト始まる前も、「メンバーがお祝いの言葉とか言ってくれて、KinKiやTOKIOもお祝いしてくれたらいいなぁ」なんて妄想を抱いてたんです。だからこそこの光景が嘘みたいで、嬉しくて、感動して、幸せで、嘘みたいなBeautiful Worldってこのことかと。

毎日思っているのに、今日だけ出てこなかった気持ちが溢れてきました。どれだけ感情がごちゃごちゃでも、これだけは言える。自信を持って言える。

長野博が好きだと。

長野くんを好きでいてよかった

 

 

自担の結婚を受けて考えたこと

・アイドルの結婚について

色んな意見があると思いますが、私はアイドルの結婚に反対ではありません。
でも私は長野くんのこと、勝手に結婚しない人だと思ってたんですよ。勝手に。長野くんは趣味が趣味だからなぁ、結婚は難しいし結婚する気もないんじゃないかって。もしかしたら私だけじゃないかもしれない。願望や、自己防衛的にそういう風に思い込みたくて。アイドルの結婚に反対する気持ちはなかったのに、私は無意識にそれを自担に求めていたのかもしれません。アイドルにエゴをぶつけていた。それは髪型や体型のように、人生のあり方も。結婚されてショックを受けた、これは少なくとも「エゴに答えてくれなかった」ことが関係するのかなと思います。それとちょっと恋心。

  

・結婚の発表方法について

長野くんの場合、日付指定のFC会報(報告書)、マスコミ宛FAX、クルグル、生放送でしたね。きっとどんな手段であれ善し悪しがあると思いますが、特筆したいのはその内容です。

FC会報には、「結婚します」とファンへの感謝、署名。FAXにはお相手と連名での報告。クルグルも会報とほぼ同じ。ベストアーティストに至っては結婚のけの字もありませんでした。これ、すごいと思いました。もしかしたらベストアーティスト、30周年のお祝いだったかもしれないし、遅れた誕生日祝いだったのかもしれないんですよ。

彼の口から結婚したと聞いてないんです。

井ノ原くんの話題を出していいのか迷いますが、彼はコンサート中に結婚を発表されました。「本人の口からファンに最初に報告できる」発表方法ですが、これはちょっとキツいかなぁと感じました。コンサートにはアイドルを見に来ているんだし、アイドルには非現実と夢を求めているのに、そこで現実を突きつけられるっていうのは、私は受け止めきれないと思います。アイドルの結婚に反対はしないと言いましたが、やっぱり家庭の話とか、率先して話して欲しくない気持ちがあります。

なので当日、1番怖かったのは彼の口から「誰々と結婚しました」と聞くことだったと思います。それは変わることのない事実です。それでもアイドルの仕事中に告げられてたらその後歌って踊る彼をどう見たらいいのかわからない。Beautiful Worldがまともに聞けなくなってしまって、ファンでいることが辛くなっていたかもしれない。

どうしてこのような発表の流れになったのかわかりませんが、とても長野くんらしく謙虚で優しく、そしてアイドルを全うしていました。そんなところに惹かれる。

また報道局へ送られたという金平糖。各局で話題にあげられていて「しっかりしてますね~」と褒められていました。そうなんです、ちゃんとしてる人なんです!と私が誇らしくなっちゃいました。

 

・結婚相手について

私はどうせ結婚するなら一般人がいいと思っていました。それは見えないからです。テレビで相手を見ることもないし、相手の変な噂を聞かなくて済む。それにもし相手があまり好きではなかった時、それを選んだ彼のこともモヤモヤと思ってしまうと考えていたからです。友人は相手は芸能人の方が良いそうで、「得体の知れない相手の方が嫌」だそうです、なるほどなぁ。

長野くんのお相手、それは女優の白石美帆さんです。私は共演したファームも見ていなく、熱愛報道の時もファンではなかったのですが、長野くんで画像検索するとどんなパターンでも例のお写真や、美帆さんのお写真が上がってきますので、認識していました。でも熱愛相手なんてあまり知りたくないし良い気持ちはしないだろうと避けていたので、その日まで全くお人柄に触れてきませんでした。

ところがどっこい蓋を開けてみたら、栄養士さんの資格をお持ちで料理が得意だとか、共演した人からの評価も高くとてもいい子で、それでめちゃくちゃ可愛いとか、お似合いかよっ!!

1番痺れた記事がこちら

田中健長野博さん・白石美帆さんご結婚おめでとうございます』
 http://amba.to/2g40XUG

白石さんは(中略)思い返すと長野くんの性格にとても似ている気がします

控えめで配慮があってその上いつでも優しかった

(中略)もしかしてうるさかったであろうケーナの音色も

「癒されました〜〜〜」と笑顔を返してくれる

なんだそれ~~~~~~~~~!!!!!

アイドルに対してエゴをぶつけるという話をしましたが、やっぱり結婚するなら彼にふさわしい相手としてもらいたいんです。だって、どんなに彼が選んだ人だっていっても、趣味が合わなそうとか、ちょっと性格面倒臭そうだなとか、そういうのちょっとヘコむじゃないですか。結婚するなら本当に幸せになれる相手として欲しいっていうすごい勝手なエゴがあったんです。

そしたら彼が連れてきたのは、どう考えてもお似合いで、楽しい食事時間が送れそうで、お互いをとても大切に思いやれるお嫁さんじゃないですか。なにそれずるい。

相手が見えることでこんな気持ちになるとは思ってもみなかった。美帆さんのことを調べて、ようやく、ようやく結婚おめでとうと言えたんです。

 

 

まとめ

気がついたらこんなに長くなってしまいました。

長野くんは、私が初めて好きになった三次元の人です。 初めてのジャニーズ。初めての自担です。しかも私がジャニーズに目を向けてから初めての結婚です。

総括すると、私はこの一件で長野くんに惚れ直しちゃったわけです。スマートさや謙虚で配慮が行き届いているところ。長野くんはかわいいっていつも言ってるんですが、ひとりの男の人としてとてもカッコイイと再認識しました。そして彼のアイドルとしての在り方がブレないところ。好きです。

あの日から5日経った今も情緒は不安定で、突然おめでたい気持ちになったり悲しくなったり、長野くんを見るのが怖くてファームを細目で見たり、結婚の話題にちょっと傷ついたり。まだ落ち着くのに時間はかかりそうです。でもいいよね、自担だもの。みつを

アイドルの結婚は一筋縄じゃいかないです。結婚の発表方法に始まり、お相手だったり、本人のアイドル観、ファンのアイドル観、担当論、色々な要素が含まれているので実際なってみないと分からないのが現実です。ファンの数だけ物語があるんです。だから「ファンだから祝福しなければならない」という観念に縛られるのはあまり良くない気がしますし、自分の感覚を相手に押し付けるのは尚更良くないと思います。

明日は我が身とお思いの皆さんの道しるべの一つと思っていただけたら私の心臓も浮かばれます。

 

人生の新たな始まりに立った長野くんに幸あらんことを!

結婚おめでとうございます!

 

人生で自担と呼ぶのはこの先も長野博ひとりしかいない、そんな不確かな確かを胸に。